かたくり粉粘土(ばらぐみ)アイン武蔵小杉北保育園

2019.08.05

アイン武蔵小杉北保育園

こんにちは。

アイン武蔵小杉北保育園の4歳児ばら組です。

暑い日が続いていますが、子どもたちは元気良く過ごしています。

さて、今回はかたくり粉粘土で遊んだ様子を紹介します。

 

かたくり粉粘土はかたくり粉に水を入れるだけで簡単に出来ます。

水の量は混ぜた後に持ち上げて持ったりするくらいがおすすめです。

粘土というと油粘土を想像します。

子どもたちも白い粉からどうやってできるのか興味津々で見ていました。

 

「なにこれ?」

「つめたくてきもちいい」

など言いながらかたくり粉の形が変わる様子を楽しみました。

握ると水分だけ出てきて残りは手の中で固まるという普段味わうことが出来ない変化を楽しみました。

エアコン、扇風機を稼動しているとかたくり粉粘土は乾燥してきます。

「かたくなった」

と、自分で水を加えて自分の好みの固さの粘土を作っている子もいました。

押したり、垂らしたり、

高いところからも垂らしてかたくり粉の様子を見て楽しんでいます。

手につくと固まることに驚いている子もいました。

遊んだ後、保育者が片付けをしていると

「ぼくもやる」

といって、一緒に片付けをしてくれる子もいました。

次回行ったときにはどんなことが発見できるか楽しみですね。

↑