モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは、
「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっている。」
という考え方から生まれた教育法です。
モンテッソーリ教育は、イタリアのマリア・モンテッソーリが考案した教育法で、世界中で支持されています。
Amazon.comの創立者ジェフ・ベゾスや、Googleの共同創立者セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、アメリカのオバマ大統領、最近では将棋界で注目の藤井聡太四段などが受けた教育法としても有名ですね。アイン保育園では、このモンテッソーリ教育を取り入れています。

モンテッソーリ教育では、すべての子どもは自分を伸ばす力(自己教育力)を持っているという考え方が基本にあります。
大人は子どもに何かを教えるのではなく個々の子どものその時期の興味をよく見て適切な環境を整え、援助をするのが役目なのです。
そのため、モンテッソーリ教育には各発達段階の子どもがやってみたいなと思える教具がたくさんあります。
アイン保育園では、モンテッソーリ教具や、モンテッソーリ教育の考えに基づいた中央出版オリジナル教材である『プルチノ』などをそろえ、子どもたちが自分のペースで興味・関心のある活動に満足するまで取り組むことができるようにしています。
集中してやり遂げる経験を繰り返すことで、自信や集中力、自立心が養われます。

モンテッソーリ教育を受けたらどんな効果や影響が出るのでしょうか?
モンテッソーリ教育を受けた子どもたちにはどんな効果や影響が出るのか気になりますよね。
さまざまな教具を使ったモンテッソーリ教育を受けることで、手先が器用になったり、集中力が養われたりすると言われています。
また、自立心や責任感を持つという特徴を持ちやすくなるようです。
ここでは実際にアイン保育園でモンテッソーリ教育を受けた子どもたちの成長の様子をご紹介します。
成長につれ、手先が器用になり、自立心が育まれてきました。
手先と指先がどんどん器用になっていきました。

シール貼り

ビー玉移し

はたおり

ロジック遊び

かるた

メタルインセッツ

巻き数字

円柱さし

↑