☆うどん屋のわかば組さん☆ アイン弘明寺保育園

2019.11.21

アイン弘明寺保育園

こんにちは!アイン弘明寺保育園 3歳児わかば組です!

今日は11月のクッキングの様子をお伝えします。

今回はわかば組初の絵本クッキングです!

というのも、子どもたちと読んだ『うどんやのたぁちゃん』がきっかけで今回のクッキングが決まりました。

絵本を見て「うどん食べたいね」「きつねうどん美味しそうだね」と話をしている子どもたちの様子から、

「作ってみる…?」と声を掛けてみました。

すると、目をキラキラ輝かせて「うどん作れるの!」「作りたい!!」とクッキングで作ってみることになりました!

クッキングも回数を重ねてきたので、いつの間にか自分で準備ができるようになってきた子どもたち。

鏡を見て三角巾を着けています。

準備ができたら、ご挨拶です。

「よろしくおねがいします!」

「うどんは何でできているでしょうか?」栄養士さんの質問を考えます。

「正解は、小麦粉と水です」

では、このサラサラな小麦粉がどのようにうどんになるのでしょうか?

まずは小麦粉と水を入れて、菜箸で混ぜます。

すると、少し粘りが出来て、固まってきました。

ここからがみんなの出番です!

生地をこねていきます!

手の付け根でグッとこねますが、難しい子どもはグーパンチをします。

「せんせい、ねんどみたいだよ!」

次は、生地を袋に入れて踏みます。

踏めば踏むほど“コシ”がでるんですって!

「これ楽しいね!」

5分程みんなで踏んでから、生地を10分休ませます。

その間に、うどんのお勉強です。

みんなが作るのは「かけうどん」。

夏に食べると美味しいのは「さるうどん」

次にお出汁を作ります。

にんじんと、

だいこんと

塩としょうゆを入れて沸騰させます。

最後にみんながするのは「生地をのばす」です。

使うのはめん棒です。耳のお掃除をするものではないですよ (笑)

「難しいね」

みんなが頑張ったのでこんなに大きくなりました!!

それを畳んで、

栄養士さんが切ってくれます。

これでうどんのできあがり(*^^)v

茹でるのは栄養士さんにおまかせして、クッキングは終了です。

片付けてから、少しだけクリスマス発表会の練習をしましたよ☆彡

それも終わって、待ちに待った給食です!!

うどんが配られ、嬉しそうですね!(^^)!

「「いただきます!」」

「美味しい!」

「せんせい、たぁちゃんのうどんみたいだよ」

自分たちで作ったうどんは一味も二味も違うようで、いつの間にか完食です!

今年度初めての絵本クッキングに、大・大・大満足の子どもたちでした☆彡

子どもたちの興味がある絵本から、実際に作ってみるのは家庭では「難しい…」と感じる方もいらっしゃると思いますが、

作ってみることで発見できることもあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

↑