♢アイン高島台保育園♢(0・1・2歳児)お楽しみ会

2019.12.22

アイン高島台保育園

寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。

本日は、お楽しみ会です!

第一部は乳児クラス、第二部は幼児クラスとし、二部制に分かれ行いました。

まずは、乳児クラスの発表からご紹介したいと思います。

 

~0歳児 あい組 『わらべうた』~

四月から遊びのなかで、たくさんのわらべ唄に親しみ、楽しんできました。初めは、保育士の動きを少し真似するだけでしたが、現在では、わらべ唄が聴こえてくると、唄に合わせて身体を動かしたり、お人形やシフォンを持ってきてお友だちや保育士と一緒に唄ったりするようになりました。

可愛らしいわらべ唄がとても素敵でした。日々の保育のなかで、唄や動きを楽しみながら遊んでいる様子が伝わってきました!

 

~1歳児 ゆめ組 『ぺんぎんたいそう』~

七月に「ぺんぎんたいそう」の絵本と出会ったゆめ組のお友だち。自分の気持ちを簡単な言葉で伝えられることも増え、「ぺんぎんたいそうしたい!」と言ってくれる子や保育士が歌いだすと絵本のフレーズを口ずさみながら「もう一回!」と教えてくれる子もいます。進級、入園時に比べ、心も体も大きく成長し、お友だちと一緒に遊ぶ楽しさをますます感じられるようになりました。

絵本のフレーズに合わせ、ぺんぎんになりきって体操をする様子が可愛らしかったです。「こりゃどこのじぞうさん」のわらべ唄では、日々のお友だちとの関わりや自分以外の相手の気持ちにも気づき始めてきた成長が感じられました!

 

~2歳児 あゆみ組 『三びきのやぎのがらがらどん』~

十一月に「三びきのやぎのがらがらどん」の絵本と出会ったあゆみ組のお友だち。すぐにセリフを覚え、保育士と一緒にセリフを言う姿が...。遊びのなかで、積木でトロルや橋を作ってみたり、お友だちと役に分かれて絵本のフレーズを言い合ったりしながら、がらがらどんの絵本の世界を楽しんでいます。お楽しみ会では、あゆみ組の十匹のがらがらどんは無事にトロルを倒すことができるのでしょうか...?

個性あふれるやぎたちが力を合わせ、無事にトロルを倒すことができました。「あぶくたった」のわらべ唄では、日々の保育のなかで、クラス全員が関わり合いながら、わらべ唄を楽しんでいる様子が伝わってきました!

 

以上で、乳児クラスの発表はおしまいとなります。

次は、幼児クラスの発表へ続きます^^

 

↑