文化教育はじまったよ! アイン三枚町保育園 さくらグループ(5歳児)

2019.05.09

アイン三枚町保育園

こんにちは。アイン三枚町保育園のさくらグループ(5歳)です。

今日は、今年度初めての文化教育を行いました。

子ども達も、さくらグループになってから、文化教育を待ちにまっていたので朝から「今日は文化だーーー!」とハッスル状態でしたよ。

登園してくるなり、「何時からやるの?」と聞いてくるくらいでした!

お仕事の時間が終わると、やる気満々だったので、机を並べたりの準備をお願いすると、自分達から進んでやってくれましたよ。

「何で文化教育をするの?」と園長先生が子どもたちに質問をすると、「年長だから」「お兄ちゃん、お姉ちゃんになったから」など

言っていましたよ!

園長先生からは、「みんなが住んでいる地球や国、人、生き物を知って欲しいからだよ」と話をすると、「へーっ」と深々と頷いていました。

文化教育の意味を知ってもらってから、約束事を伝えスタート!!

最初に、お当番が始まりの挨拶を言います。

次に、宇宙を表現しました。何で?と思いますよね。

たらいに墨汁を入れて真っ黒の水を作り宇宙を表現しました。

その宇宙には、塵がたくさんあって、その塵が集まったのが星になり、地球になったことを伝えました。

塵は紙で表現しています。

クルクル渦を巻いて、まとまってきたのをじーっと見つめる子どもたち。

星を実際に目で確認したところで質問!

「地球は見ることができますか?」と聞くと、

「宇宙飛行士さんが乗り物に乗ると塊(地球)を見ることが出来るよ」と答えていました。

そこで、地球儀登場!

この地球儀は、陸の部分がザラザラしているので、触れたときに陸と海が分かるようになっています!

「地球は陸と海とあとは何から出来ているでしょう」と質問すると、しばらく考えて「空気」と答えてくれました。

そこで初めて空気というのもにふれることができました。みんなの周りには常に空気があることも分かりましたよ!

国の話をしていると、「国は地球儀で見ると小さいけれど、行ってみると大きいよ!」「僕は、グアムに行ったことがあるんだ」と話してくれました。

子どもたちからもどんどん質問がでて、こんなに興味を持っているのだということがわかりましたよ。

「地球は何年前からできたの?」とか、「地球に酸素はいつできたの?」など、大人が思いつかないようなことまで

疑問に思っているのには驚きました。

その後は、「せいめいのれきし」の絵本を見ました。

上記の星が出来る過程や、太陽から地球は何番目にあるとか、地球が1周すると1日経つこと、時間があることや、1日は24時間で出来ているなどなど・・・、情報がたくさんでしたが、真剣に見ていましたよ!

最初から、色々なことを学びました!子ども達同士でも「楽しかった!」と話していました。

「これから、もっともっと楽しいものがあるよ」と話すと、嬉しそうにしていましたよ!

最後に、水・金・地・火・木・土・天・海の星の模型を指差しながら、呪文のように「すいきんちかもくどってんかい」と唱えながら

数えていましたよ!

来週が楽しみだね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑