「ばばばあちゃんのむしぱん」(4、5歳児)☆アイン能見台駅前保育園

2019.10.07

アイン能見台駅前保育園

こんにちは。

 

4、5歳児クラスでは、午睡前の読み聞かせで、

絵本「ばばばあちゃんのむしぱん」を読んでいると、

子どもたちから「作ってみたいね!」と声があがったので、

絵本クッキングで蒸しパンを作ってみることにしました。

 

各クラスに分かれて話し合い。。。それぞれ蒸しパンの中に入れる具を考えました。

きーーーーまった!!

お互い、食べるまでのお楽しみです!!

そして当日。

さっそく絵本クッキングスタートです。

 

まずは、生地作りをします。

絵本に出てくる材料をみんなで確認すると、絵本を見なくても「小麦!」「卵」等と材料を覚えている子が多く、話していました。

まずは、小麦粉をふるいます。

一人でボールを支えてふるうのは重くて大変だったので、

お友だちに支えてもらっています。

ふるいにかけた小麦粉は雪のようにさらさらになり、驚いていました。

小麦粉、砂糖、玉子、ベーキングパウダー等、全ての材料を

一つのボールへ移し、混ぜていきます。

混ぜるだけでも一苦労。

重くて、ここも同じテーブルのお友だちに支えてもらい、一緒に混ぜていきます。

次は、お互いに内緒にしていた蒸しパンの具を各クラスに別れて

調理していきます。

たいよう組は、「ココアばなな蒸しパン」を作りました。

 

バナナを細かく切っていきます。

「一人でやりたい」と言って、猫の手を意識して切っていきます。

バナナが切れたら次は、生地をカップの中に入れ、その中にバナナを入れていきます。

垂れないようにみんな慎重に行っています。

どんなふうにできるのか楽しみだね!!

 

続いてはつき組は「パイナップル蒸しパン」を作りました!!

まずはパイナップルを切りました。何度がクッキングで包丁を使ったことがあるので、「猫の手でやるんだよね」と思い出しながら行いました!!

まだ一人で切るのは、難しくてちょっぴり怖いね!

その後は、カップに生地を入れパイナップルをみんなで入れました!

あとは蒸すだけ!みんなどんなのを作ったのかワクワクがとまりません!

さてさて、お互いサプライズ交換した蒸しパン。

食べるまで全員内緒にしていました。

一口食べて、「あーパイナップル!!」、「あーバナナ」と

具材を当て合いっこしていました。

 

どちらの蒸しパンも大好評で、

「ばばばあちゃんの蒸しパンってとっても美味しいね」と話していました!!

 

絵本に出てくる料理を実際に作り、物語の主人公になりきって作っていたので、

とても楽しそうでした!

 

 

 

 

↑