初めての粘土☆~アイン武蔵小杉保育園0歳児~

2020.09.18

アイン武蔵小杉保育園

朝晩は、羽織るものが一枚ほしいほど肌寒くなりましたね。
日中は、暑さもありますが子どもたちは元気いっぱい久しぶりのお散歩を楽しんでいます♪

先日、”パン粉粘土”に初めて出会った子どもたちの様子を今回はお届けしたいと思います!

まずは、パン粉本来の素材に触れるほし組さん☆

「ザラザラするね~」

少し警戒心を見せるお友だちもいましたが、

保育士の手のひらにのせてみると優しく指先で感触を確かめる子もいましたよ♪

その後、保育士がパン粉に水を加えてコネコネすると子どもたちの視線はパン粉粘土に釘付け!!


とっても真剣な表情に保育士は何だか少し緊張してしまいました…(笑)

出来あがった粘土を保育士からもらうと・・・

「た~?(これ何?)」と首を傾げる子や


不思議な粘土を前に少し体を遠ざけて見つめる子もいましたよ。

保育士が粘土で丸や三角など形を作ると、子どもたちも指先でツンツンと触り、


慣れてくると粘土を細かくちぎったり、手の中でギュ~と握ってみたりして
いろんな形に変化する粘土を楽しんでいました♪

紙コップや色のついた粘土も用意すると、さらに遊びが発展していく子どもたち。


紙コップの中にちぎって粘土を入れてみたり、コップを裏返して丸めた粘土を乗せてみたり、
色のついた粘土と混ぜ合わせてこねてみたりなど様々でした!

この日の給食はパンの日だったのですが、
存分にパン粉粘土を楽しんだ後だったので
給食のパンを嬉しそうにコネコネするお友だちもいました…(笑)

これからもいろいろな遊びを楽しもうね♪

↑