待ちに待った、運動会!!(part1)★アイン武蔵小杉保育園★2~5歳児

2019.11.21

アイン武蔵小杉保育園

大変お待たせ致しました!!

10月20日(日)、アイン武蔵小杉保育園にて運動会を開催しました。

 

当初は10月12日(土)の予定だったのですが、残念ながら台風19号の影響により延期に・・・

一時は開催さえ危ぶまれたのですが、どのような形であれどうにか!!と試行錯誤した結果、プログラムを短縮せざるを得なかったものの、本来開催する予定だった近隣の小学校の体育館を改めてお借りできることとなり、待ちに待ったこの日を迎えられました。

 

それでは早速、プログラム順に運動会の様子をご紹介します(^^)

 

開会式では、皆さんお馴染みの『さんぽ』のリズムに合わせて入場しました。

緊張している様子を覗かせながらも、手を大きく振って笑顔で行進する子どもたち。

みんなが入場し終えると、ひかりぐみによる『はじめの言葉』。

6人で協力して堂々としたお兄さん・お姉さんらしい姿を見せてくれました。

 

その後は、隊形移動し毎年恒例の『パイナップル体操』で準備運動を♪

さすが!みんなとっても上手に踊っていましたね!

開会式からたくさんの素敵な笑顔が見られました(^^)

 

 

そして開会式に続いて、にじぐみ(2歳児)による『かけっこ』です。

2歳児のかけっこにゴールテープはなく、担任の保育者をめがけて・・・よーいドン!!

はじめてのかけっこ、緊張しながらもとても楽しそうに走っていました。

 

 

次は、そらぐみ(3歳児)による『体操・リズム』です。

 

カラフルな衣装を着て、かっこよく入場したそらぐみ。

はじめは、体操。

V字バランスやなべなべそこぬけ、最後は手押し車をビシッときめていました!!

体操を披露した後は、かわいいダンスを見せてくれました。

とにかくジャンプすることが大好きなそらぐみさん。ダンスの中にもたくさん取り入れられていましたね。

 

その次は、にじぐみによるリズム『はじめての炭酸』でした。

青と緑と黄色のチェックのワンピースの衣装に身を包んで登場してくれました。

“とにかく元気よく踊ること”を目標に取り組んできましたが、そのおかげで保育園内で踊っていた練習時より伸び伸びとロケットダンスを踊っているように披露してくれました。

 

 

ダンス後は隊形移動し、にじぐみによる親子競技『一緒にお買い物へLet’s Go!』。

お父さん、お母さんとペンギン歩きをしたり、お腹とお腹に風船を挟んで運んだりして完成したのは・・・

とっても美味しそうなイチゴとブドウです。

お父さんお母さんと一緒に行うことでいつもより柔らかな表情をたくさん見せてくれたにじぐみでした☆

 

 

にじぐみの競技がおわり、しばらくすると太鼓の音とともに、そらぐみ、たいようぐみ(4歳児)、ひかりぐみ(5歳児)が駆け足で入場してきました。

幼児3クラスによる『幼児運動』です。

 

はじめに、そらぐみ。

そらぐみは鉄棒の足抜き回りに挑戦しました。

保育園での活動ではたまにしか成功しなかった子も含め、全員回ることができました!

 

その次は、たいようぐみ。

たいようぐみは鉄棒で前回りを披露してくれました。

技の完成度、回り終わってからのポーズなど、さすがお兄さん、お姉さんらしい素敵な姿がたくさん見られました。

 

最後は、ひかりぐみです。

ひかりぐみははじめに『跳び箱』を行いました。

全員4段を飛び、その時の気持ちや調子で5段跳ぶか、6段跳ぶかを自分たちで決め挑戦しました。

 

いつもよりも挑戦してみようとする子、いつもの実力を十分に発揮した子、段数に関係なく一人ひとりが、今までの活動の成果を見てもらおうとしていたように感じます。

それに加えひかりぐみの子どもたちは跳ぶこと自体を楽しんでいたので、とても素敵な演目となりました。

ひかりぐみの運動はもう一つあり、鉄棒のあとは大縄跳びをしました。

はじめに、1人10回連続跳び!

緊張からか引っかかってしまう子もちらほら、それでもひかりぐみ12人みんな10回ずつ跳ぶことができました。

次は少し難しくなった1人1回連続跳び!!

保育園内での活動の時の最高回数は26回でしたが、本番の大舞台で最高回数の36回跳ぶことができました!!!

勝負強く、一致団結して跳ぶ姿に会場は拍手で包まれました(^^)

 

 

さて続いての演目は、そらぐみによる親子競技『デカパンリレー』です。

2チームに分かれ、保護者の方と子どもたちが協力して競い合いました。

勝負は大接戦!!

最後は青チームがスキップでゴールし勝ちました!!

赤チームの皆さんも最後まで笑顔でゴールしてくれましたよ☆

 

 

続いて、たいようぐみによる親子競技『借り物・人競走』です。

二人三脚でお題の紙を取りに行き、お題の物・人を親子で探しました。

簡単なお題から、こんなものあるのかな?というような難しいお題まであり、会場全体が協力してお題を見つけようと必死でした。

お題を見つけ次第、1回戦ずつ、勝敗を判定する担任の元へ親子でダッシュ!!

1番に担任の元に向かったチームに2点、2番目のチームに1点が加算され・・・

保護者の方も、この盛り上がり(笑)

 

勝負の結果は1点差で白チームの勝ち!

点数の途中経過は担任のみ把握していたため、最後までハラハラしました(^^)

↑