アイン金沢文庫保育園 12月24日の様子

2020.12.28

アイン金沢文庫保育園

こんにちは、アイン金沢文庫保育園です。

今日の様子をお伝えします。

 

あい組です。今日はおせち料理作りです。あい組は黒豆さしをしました。

栄養士さんが黒豆をお皿に並べて見せてくれるとそばに集まり興味津々の子どもたち。

つまようじを手に持ち黒豆にさそうとしていました。一回では刺さらないと何度も挑戦し、集中して行っていました。さしているうちに食べたくなる子も…。できたものをゆめ組さんに渡し、おせちが完成するのが楽しみです。

めばえ組も黒豆のつまようじさしを行いました。

最初はなかなか黒豆が刺さりませんでしたが、1度できるとコツをつかんだ様子。

1本のつまようじに何個も何個もさしていました!

「できたよ!」と栄養士さんに伝え、とても嬉しそうな子どもたちでした♪

 

あゆみ組です。年賀状をポストへ投函しに行った後、おせち作りをしました。

手を伸ばしてポストへ入れ、「届きますように」と心を込めてお願いしました。

おせちづくりでは、お煮しめに入れるたけのこ切りと昆布巻き作りをしました。

栄養士さんに教えてもらったように、左手は猫の手を意識して集中して切っていました。

昆布巻き作りでは「昆布大きいね」「ぬるぬるするね」と感じたことを言葉にしながらくるくると巻いていました。

「お料理楽しかったね」「またやりたいね」と達成感でいっぱいなあゆみ組でした。

だいちグループです。

今日はおせち作りをしました。だいちグループの子どもたちはたたきごぼうとかまぼこを切って一松模様に並べました。

たたきごぼうを作るときの皮をむく作業が楽しかったようで皆とても集中して皮をむいていました。ゴボウをたたくと意外とすぐに半分に割れて驚いていました。自分の番の時に割れるととても嬉しそうでした。

かまぼこでは包丁を使いドキドキな表情な子どもたち。友だちが切っている時でもケガをしないように心配そうに見ていました。上手に切れると安心した表情でした。

おひさまグループは栗きんとんと、田作りを作りました。

包丁やピーラーを使うことが初めての子もいたため、一つずつ紹介し、使い方を伝えてから使いました。

怪我をしないように、みんな慎重です。

煮ている間はいい匂いがしてきて、「食べたくなっちゃうね」「家でも作れるかな」とニコニコわくわくしていた子どもたちでした。

ゆめぐみです。おせち作りで紅白なますとお煮しめをつくりました。なますは切るものが多くて大変でした。しかし諦めずに全部の材料を切ることが出来ました。

お煮しめチームはれんこんと人参を切り、人参を花型にくりぬきました。栄養士の先生に人参の花を飾り切りにしてもらうのをじっと見つめていました。

最後に栄養士の先生が箱詰めするのをみんなで見ました。

とてもおいしそうなおせちにみんな「食べたい!」と話していました。

↑