アイン金沢文庫保育園 12月23日の様子

2020.12.28

アイン金沢文庫保育園

こんにちは、アイン金沢文庫保育園です。

今日の様子をお伝えします。

 

あい組です。今日はすすはらいをしました。

保育士が窓を拭いている様子を見て両手で窓ふきをする子どもたち。手を伸ばしたり、つま先立ちをしたりして高い所も拭いてくれました。お友だちの掃除している様子を見て拭き始める子、お尻をあげて床を拭く子もいて皆できれいに掃除をしました。

めばえ組です。今日はあゆみ組と幼児さんがおもちつきということで、めばえ組も紙粘土で鏡餅を作りました。

手のひらを使ってころころこねこね、とても集中して取り組んでいましたよ!

下が大きいおもち、上が小さいおもちということが分かっている子もいました。

幼児さんが作ってくれた本物の鏡餅をみて「おー!」という声が上がり、とても嬉しそうな子どもたちでした。

 

あゆみ組です。だいちグループのもちつきを見学した後、あゆみ組でももちつきをしました。

重い杵をしっかりと持って一生懸命おもちをつきました。

見ている子も「よいしょ!よいしょ!」と掛け声を言いながら応援しました。

最後にはできあがった鏡餅と一緒に記念撮影をしました♪

幼児グループはお部屋に分かれて餅つきを行いました。

おひさまグループの子どもたちに「お餅つきをするよ!」と話すとすぐに劇あそびでやっていたネズミの歌が思い浮かび、「よいしょ!」と元気な掛け声とともに、「ねずみのうたが、よいところ ♪」とうたって踊って楽しんでいました。

丸の形にしてもらうときに、お餅を分けてもらうと・・・のびーる!!

「わあ~お!!」と口を開けてみていました。

だいちグループです。

最初のお米を見て「ほかほかだね」「はやくおもちにしたいね」と楽しみにしながら自分の順番がくるのを待っていました。

おもちつきが始まると「よいしょー」の声をかけながら元気いっぱい!

「ひとりでできるよ」と杵を一人で持って一生懸命つきました。

 

ゆめぐみです。「おいしいおもちになーれ」と祈りを込めながらもち米を炊きました。おもちが炊けてくると「いいにおいがしてきた!」とわくわくしていました。「まだかな?」「もうすぐ時間だよ」とまだかな?と期待に胸を膨らませてました。

「やっと炊けたー!」みんな大きな声で「よいしょ!」と掛け声をしながら力いっぱいおもちをつきました。

↑