12月18日 乳児クラスおたのしみ会の様子

2020.12.28

アイン金沢文庫保育園

こんにちは、アイン金沢文庫保育園です。

今日は待ちに待った乳児クラスのおたのしみ会を行ったので様子をお伝えします!

あい組です。あい組は子どもたちが好きな手遊び「トントンひげじいさん」と好きな絵本「ペンギンたいそう」を保育士が読み、絵本に出てくるペンギンと同じ体の動き(上を見て首を伸ばしたり、両腕をパタパタ動かしたり)をしました。最後は乳児クラス(0、1、2)合同で、保育者が演奏する「きらきら星」の曲に合わせてマラカスを振って演奏しました。

めばえ組です。あゆみ組さんとオンラインで繋いでおたのしみ会をしました。画面に向かって手を振るとあゆみ組さんが振り返してくれるのが嬉しくて、何度も「おーい!」と言って手を振っていましたよ。

めばえ組からのおくりものとして、ぺったらぺったんのわらべうたや、あい組同様めばえ組の子どもたちも大1好きな「ぺんぎんたいそう」を行いました。めばえ組の子どもたちは立ち上がり、全身を使ってペンギンの真似をしています。「ぴょーん!」と言いながらペンギンになりきり、絵本の世界を楽しんでいるようです。

あい組さんやあゆみ組さんのおくりものもじっと見つめていました。またみんなで楽しい時間を作っていきましょうね。

あゆみ組です。

写真は本番の様子が撮れなかったので本番直前のリハーサルの様子をお届けします。

練習の時よりも少し緊張している様子もありましたが、動物になりきって劇あそびを楽しんでいました。緊張でセリフが言えない子がいるとみんなで一緒に言う姿もありました。

オンラインであい組、めばえ組の様子も観ました。手あそびやわらべうたなど知っているものが多く、画面越しに一緒に楽しみました。「あゆみ組さん聞こえますか?」と聞かれると手で大きな丸を作って「聞こえるよ!」と。受け答えも完璧なあゆみ組でした。

終わってからも「楽しかったね」「またやりたいね」と余韻に浸り、子ども同士での会話も盛り上がっていました。

 

 

↑