アイン金沢文庫保育園 9月17日今日の様子

2020.09.18

アイン金沢文庫保育園

こんにちは、アイン金沢文庫保育園です。

今日の一日の様子を紹介します!

あい組は園庭で過ごしました。園庭に出る前に自分で帽子をかぶろうとしていました。自分でやってみようという気持ちが芽生えています。

園庭に出ると保育者がボールを転がしているのを目で追い、どうぞと渡すとボールを手に持ち転がして楽しんでいました。

シャボン玉が風に揺られて飛んでくると目で追ったり、手を伸ばして触れてみようとしたりと様々なものに興味を持ち、触れて、戸外での活動を楽しんでいます。

 

めばえ組も園庭で過ごしました。

シャボン玉を一生懸命追いかけたり、みんなで協力してバケツに砂を入れてケーキを作ったりして楽しく過ごしました。

空の方から「ブ ロロロ…」と音がすると大興奮で「ヘリコプター!」と指を差す子どもたち。色々なものの音や名前を覚え、嬉しそうに発見を喜ぶ姿に成長を感じます。

 

あゆみ組はおじいちゃんおばあちゃん、いつもお世話になっている方へ「いつもありがとう」の気持ちを込めてポストにお手紙を投函しに行きました!

「どこまで届くかな?」「どうやって届くんだろうね?」と子どもたちに聞いてみると「郵便車さんやバイクで働いている人が届けてくれるんだよ!」などなどたくさんお話ししながら投函しました。今年は自分で投函するお友だちの姿も見られ成長も感じられました。みんなの「ありがとう」が無事に届きますように…!

 

おひさまグループは屋上であそびました。

太陽が雲で隠れたり出たりしていて、隠れてると涼しい!出てると暑い!!と気がつきました。

「なんでだろうー?」「さっきまで涼しかったのに、汗かいてきちゃった・・・!」と空を見ながらも元気いっぱい追いかけっこをしたり水あそびをしたり、思い切り身体を動かすことを楽しみました。

3・4歳児だいちグループです。

4歳の子どもは行燈づくり、3歳の子どもはお部屋で遊んでから第五公園であそんできました。

行燈づくりでは、いつもの画用紙や自由帳とは違う紙に描くことを楽しみました。3歳児にもやりたい子いて、画用紙にお絵描きをして行燈の形にして雰囲気を楽しみました。

公園では暑いと言いながら、久しぶりの公園だったので嬉しそうな表情の子どもたちでした。

 

ゆめぐみはお部屋で行燈づくりをしました。関東学院大学のお姉さんとオンラインでお話しをしました。「どんな絵を描こうかな」「何色を使おうかな」といろいろイメージを膨らませていました。大学のお姉さんに聞いた「つるつるの面に描く」「上下さかさまにならないように」子どもたちは自分たちで気付いて絵を書きました。みんなとっても集中して書いていました。

友だちの絵を見て「上手だね」「かわいいね」と話をして友だちの作った行燈をみんなで鑑賞しました。「どんなのになるのかな」「早く見たいね」ととても楽しみにしている様子でした。

↑